生活リズム 千葉県柏市の歯科医院,柏の葉キャンパス,流山おおたかの森,インプラント,審美歯科,小児歯科



生活リズム

子どもの発育期で大切なことは、正しい生活リズムを確立することです。食べること、寝ること、遊ぶこと(運動)の3つが規律的に行われることが重要です。

よく遊ぶことで、空腹感を感じ、食欲を起こし、食べる機能の発達につながるのです。かむ、飲み込む、という機能の発達にも、毎日の過ごし方が関わってくるのです。

子どもたちは、空腹でないと食べませんし、毎回、理想量を食べるわけでもないのです。幼児期では、特にムラがあるものです。そもそも、子どもの胃は、その子のげんこつと同じくらい小さいといわれています。

栄養学では、身体は直感的に必要な栄養素を求めること、ある栄養素が欠乏していると自然にその栄養を含むものを食べたい、という欲求がわく、と言われています。一回ごとの食事の量だけでなく、一日、一週間、というようにゆったりとした枠組みで、子どもの食事を捉えてみて下さい。

一日のリズムは、朝、空腹で目覚めることから始まります。朝食を食べることで、身体も活動し始めます。そのためには、夕食を早めに済ませ、お腹が空く前に自然に眠ることが大切です。また、就寝時刻が遅くなるようなら、昼寝の時間帯にも気を配る必要があります。

予防・矯正歯科センター
歯のバイオサイクル

診療カレンダー

診療インフォメーション

受付時間
9:30~12:30/14:30~18:00

休診日
日曜、祝日、木曜

医院提携のご案内

医療費控除について