歯と生活習慣 千葉県柏市の歯科医院,柏の葉キャンパス,流山おおたかの森,インプラント,審美歯科,小児歯科



歯と生活習慣

むし歯はどうしてできるのでしょう

口の中は、実は、身体で一番、細菌の多い場所です。その中のむし歯菌(ミュータンス菌など)が作る酸が、歯を溶かしてしまうこと(脱灰)、それがむし歯の始まりです。

唾液は歯を守り、とてもたくさんの働きがあります

唾液には、酸を中和する働きや、酸によって溶け出したミネラル成分を元に戻す働きがありますが、この働きが溶け出す成分量に追いつかないと、むし歯になってしまうのです。

食事のとり方

むし歯菌が大好きなのは、「糖分」。これは、砂糖だけのことではありません。パンやごはんなど、多くの食べ物が口の中で糖質に分解されるのです。何か食べ物をとるたびに、お口の中では、歯の表面が溶けては元に戻る、ということを繰り返しています。
ここで大切なのは、お口の中に食べ物が入っている「時間」と「機会」です。つまみ食い、だらだら食べなど、いつも食べ物が口の中に入っていたり、ちょこちょこ食べのような食べ方は、むし歯菌にとって、過ごしやすいと言えるでしょう。

「脱灰」<「再石灰化」のバランス

歯の表面は、身体の中で最も固いエナメル質でできています。むし歯が、このエナメル質に止まっているうちに、再生~再石灰化~すること、そして「脱灰」<「再石灰化」のバランスが取れていれば、良いのですが、むし歯が進行して、更に内側の層(象牙質)まで進んでしまうと、自然治癒することはありません。また、エナメル質は痛みを感じないため、気がつくのはしみる等の症状が出て、進行したむし歯となってからのことなのです。
ですから、「脱灰」のステージから「むし歯」のステージに進む前に、定期的なプロフェッショナルケアを受けるようにしましょう。

むし歯はすぐできるわけではありません

最も固いエナメル質に穴があくためには、相当の時間が必要です。不規則な生活が続いたり、毎日の習慣の積み重ねの結果として表れていることなのです。また、単にむし歯の穴を埋めても、それまでと同じような生活習慣が続けば、また繰り返すことになってしまうのです。
もし、子どもたちにむし歯ができたとしても、治療の時期、必要性については、経過を観察しながら、決めています。子どもたちの成長も考慮しながら、定期的な健診を通して、見守る場合もあります。
乳歯のむし歯を、生活習慣を見直すきっかけとして捉えていただき、お子さんにとっても、自分の身体を大切にする気持ちが芽生えるとしたら、これから生える永久歯を守ることにつながるかもしれません。

予防・矯正歯科センター
歯のバイオサイクル

診療カレンダー

診療インフォメーション

受付時間
9:30~12:30/14:30~18:00

休診日
日曜、祝日、木曜

医院提携のご案内

医療費控除について