初診システムとその流れ 千葉県柏市の歯科医院,柏の葉キャンパス,流山おおたかの森,インプラント,審美歯科,小児歯科



初診システムとその流れ

まずはお口の中の現状を知っていただきます。そのために当院では、初めて来院されたときや久しぶりに来院されたときに以下のような診査を行います。

  • 口腔内写真の撮影 :むし歯や歯肉の状態が客観的に判断できます。
  • レントゲン撮影 :目で見えない、あごの骨や歯の根の状態を検査します(パノラマ・10枚法)。
  • 顎模型作製 :歯並びや上下顎のかみ合わせの状態を把握します。
  • 歯周検査 :歯槽膿漏の状態や骨の吸収度がわかります。
  • カリエスリスク検査 :むし歯菌や歯周病菌を調べることで病気のかかりやすさがわかります。

(1)~(3)については、どの方にも検査を行いますが、(4)・(5)は必要に応じて行っていきます。 以上の検査結果をもとに、治療計画を作成していきます。

お口の中の問題

  • むし歯
  • 歯周病(歯槽膿漏)
  • 咬合に対する治療(ブリッジや入れ歯)
  • 審美や矯正(歯並び)
  • 予防(定期健診)

これらの複数の問題の中で、(3)、(4)を念頭に置きながら、(1)・(2)を先に治療していきます。全ての治療が終了してから、(5)のプログラムを作ってメインテナンスしていくことになります。

全体的な初診時の流れ

初診時 問診 コーディネーターが主訴、過去の歯科体験、今後の治療に対する要望などをお伺いいたします。
応急処置 お痛みなどがあり、処置が必要な場合は処置を行います。
口腔内検査 レントゲン写真・顎模型・口腔内写真を資料としてとります。
来院2回目 カウンセリング 初診時に行った検査結果をもとに現状の説明・治療方針(計画)を歯科医師が説明いたします。患者さんには、治療計画の資料をお渡しします。
来院3回目 コンサルティング 前回歯科医師から提示された治療計画をもとに担当コーディネーターが患者さんと共に、治療方法・期間・費用などの相談を行います。この際、不明な点などの質問にもお答えします。初診時から治療の続きがある方は、処置を行います。
来院4回目以降 治療開始 前回決定した治療計画に沿った治療を始めます。治療の経過や、治療計画に変更が生じた場合にはその都度歯科医師・担当コーディネーターが説明を行います。
治療終了時 リコールオリエンテーション 歯科医師・歯科衛生士と治療前後のお口の中の比較を行います。治療終了時の状態を維持していけるように、ホームケアでの注意点や一人一人のリスクに合わせて定期健診の時期を決定します。この時に定期健診のご予約もお取りします。
定期健診 現状の説明(歯周病の進行度合い・むし歯の有無)、歯のクリーニング(歯石・着色の除去)、時期に合わせた予防処置・ホームケアでのアドバイスを行います。お口の中の状態・ホームケアの状態に合わせて、担当の歯科衛生士と次回の定期健診の時期を相談します。定期健診時に、問題が生じそうな(生じた)場合は治療のご予約をお取りします。
予防・矯正歯科センター
歯のバイオサイクル

診療カレンダー

診療インフォメーション

受付時間
9:30~12:30/14:30~18:00

休診日
日曜、祝日、木曜

医院提携のご案内

医療費控除について