おとな歯科|康本歯科クリニック|柏市の歯医者

おとな歯科

2034AD.jpg

主に18歳〜65歳の患者さんが対象となります。
成人になると、お口の中の困りごとは個々人のリスクによって大きく異なってきます。治療に対するご希望も患者さんによって変わります。一人ひとりに合った治療を提供します。また、国民の8割が罹患していると言われる歯周病を未然に防ぐことが目標です。

 

歯周病

歯周病は歯ではなく歯の周りに起こる病気です。
歯の周りについた細菌がバイオフィルムを形成し、歯肉や骨に炎症を起こします。
Silent Disease(静かな病気)とも言われ、多くの場合症状なくゆっくりと進行し、次第に歯がぐらついてきたり、歯肉から膿が出てきたりします。

歯を失う原因は、実はむし歯よりも歯周病によるものが多いのです。


歯周病の恐ろしさは単に歯を失うということだけではありません。
糖尿病、心疾患、認知症など重篤な全身疾患に悪影響を及ぼすことが明らかになってきています。

2034AD-2.jpg


口腔外科

口腔外科は、文字通りお口の中とその周辺の外科領域を扱うものです。
親知らずの治療はもちろん、外傷(歯や唇の怪我)、顎関節症(顎の音が鳴る、口が開かない、開けると痛いなど)、お口の中の粘膜の病気、ドライマウス、舌痛症、睡眠時無呼吸症候群など幅広く診察をします。

2034AD-3.jpg

 

審美歯科

歯や口元の見た目を気にされている方は、様々なお悩みを抱えています。

笑ったときに銀歯が見える
歯並びが気になる
前歯の着色や変色が気になる(歯を白くしたい)
昔入れた詰め物・被せ物が合わなくなってきた
歯肉の色や形が気になる  など


口はお顔の印象を決定づけます。その方の心理面・社会面にまで大きく影響を及ぼすことも。
しかしその多くは歯科治療で解決が可能です。審美歯科は個々人によって治療ゴールが異なるため、まずはカウンセリングとゴールの確認から行います。

 

インプラント

インプラントは人工歯根とも呼ばれ、1950年代にチタンが骨と化学的に結合することが証明されてから世界的に普及しました。1cm程度のチタン製のフィクスチャーを外科的に埋め、被せ物や入れ歯を取り付けます。
残念ながら歯を失ってしまった際の選択肢の一つとして、今では先進治療ではなく当たり前の治療として日々行われています。最も大事なことは、治療前の診査診断、クリーンな手術、そして治療の後のメンテナンスです。

2034IP-6.png

症例

2034IP-7.png

 

Ope室

2034F-4.png

 

その他、一般歯科治療

痛みの治療はもちろん、お口のトラブルにはかかりつけ歯科医院として全て対応します。場合により専門医や医科と連携して、最適な治療をご提案いたします。

 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
04-7134-4188

姉妹歯科

banner_sogo.png

banner_kids.png

2034instagram.png

2034blog.png

マウスウェア・マウスピース
取り扱ってます。

authorized_provider-for-HP.jpg

菌質改善・バクテリアセラピー
取り扱ってます。

Prodentis30_for_web.jpg