検査の流れ(システム)について 千葉県柏市の歯科医院,柏の葉キャンパス,流山おおたかの森,インプラント,審美歯科,小児歯科



検査の流れ(システム)について

  • 定期健診または治療と同じ日時でご予約できます。(別の日時でも可能です)
  • 定期健診または治療の20分前に来院していただきます。
  • 問診表の記入をし、血圧・体重・体脂肪率・基礎代謝を測定します。
  • 採血(血液検査)を行います。
  • 定期健診または治療を行います。
  • 定期健診または治療が終了後、血液検査の結果をお渡しします。
    (結果は郵送でも可能です)

検査料金  ¥3.465(消費税込み)

血液検査

検査項目(10項目)

脂質代謝
総コレステロール  HDLコレステロール  中性脂肪
肝機能
GOT(AST)  GPT(ALT)  γ-GTP
糖質代謝
血糖値
腎機能
クレアチニン  尿酸値
栄養(総合)状態
総蛋白

(将来HbA1cも導入予定)

今後は,オプションでウエスト周囲径の測定や栄養指導も行う予定です。

その他(血液検査以外)の検査項目

血圧

基準値:収縮期血圧 140mmHg未満 拡張期血圧 90mmHg未満

血圧を測定することにより、心臓から送られる血液が、血管にどのくらいの負担(圧力)をかけているのかがわかります。高血圧によって過度の負担を受けた血管は次第に硬くなり「動脈硬化」になります。更に、放置することで、脳梗塞・狭心症・心筋梗塞などへと進んでしまうものです。

血圧が上がる原因に、塩分の取り過ぎ・運動不足・アルコール・タバコ・肥満・ストレスなどがあります。あなたは、心あたりがいくつありますか??

血圧が高いといっても目立った自覚症状がほとんどないため定期的に血圧を測ることが大切ですよ。

BMI

標準:22
肥満の判定は、身長と体重から計算するBMIという数値で行われます。このBMIは22を標準とし、この値が最も病気にかかりにくい数値とされています。また、BMIが25以上を肥満とし25以上であると肥満に伴いやすい病気(高脂血症、高血圧、糖尿病など)を引き起こしやすくなります。また、血圧やコレステロール値や血糖値が基準範囲であっても、BMIが25以上であると生活習慣病への注意が必要となってきます。

体脂肪率

ウエスト周囲径、体重、体脂肪率は内臓脂肪がどのぐらい蓄積されているかを調べるために測定します。

BMIが高かったとしても、体に占める脂肪の量は少なく、筋肉量が多いのかもしれません。そのような場合、体重は重くなってしまいますが、体脂肪率は少なくメタボリックシンドロームになる可能性は低くなります。逆にBMIが低くても体脂肪率が高い場合はメタボリックシンドロームになる可能性が高くなってしまいます。

ウエスト周囲径

ウエスト周囲径が男性85cm以上、女性90cm以上はCTスキャンで内臓脂肪面積が100?以上とほぼ同じ結果が得られます。内臓脂肪は生活習慣病の危険性が高くなってしまうので、注意する必要がありますね。

基礎代謝

体温維持や呼吸、心臓を動かすなど、生命維持に必要なエネルギー消費のことを基礎代謝といいます。24時間じっとしていても、この基礎代謝に相当するエネルギーを消費します。基礎代謝を知ることにより、自分に必要な摂取カロリーを知ることができダイエットなど食生活の改善に役立ちますね。

予防・矯正歯科センター
歯のバイオサイクル

診療カレンダー

診療インフォメーション

受付時間
9:30~12:30/14:30~18:00

休診日
日曜、祝日、木曜

医院提携のご案内

医療費控除について