治療を始める前に 千葉県柏市の歯科医院,柏の葉キャンパス,流山おおたかの森,インプラント,審美歯科,小児歯科



治療を始める前に

お口の中の現状を知りましょう

現在のお口の中を知るために以下のような診査を行います。

(1)口腔内写真の撮影
むし歯や歯肉の状態が客観的に判断できます。
(2)レントゲン撮影(パノラマ・10枚法)
目で見えない、あごの骨や歯の根の状態を検査します。
(3)顎模型作製
歯並びや上下顎のかみ合わせの状態を把握します。
(4)歯周検査
歯槽膿漏の状態や骨の吸収度がわかります。
(5)カリエスリスク検査
むし歯菌や歯周病菌を調べることで病気のかかりやすさがわかります。

(1)~(3)については、どの方にも検査を行いますが、(4)・(5)は必要に応じて行っていきます。以上の検査結果をもとに、治療計画を作成していきます。

主な治療システムの流れ

お口の中の問題としては

  • むし歯
  • 歯周病(歯槽膿漏)
  • 咬合に対する治療(ブリッジや入れ歯)
  • 審美や矯正(歯並び)
  • 予防(定期健診)

などがあげられます。

これらの複数の問題の中で、(3)・(4)を念頭に置きながら、(1)・(2)を先に治療していきます。全ての治療が終了してから、(5)のプログラムを作ってメインテナンスしていくことになります。