勧めたい治療と避けたい治療 千葉県柏市の歯科医院,柏の葉キャンパス,流山おおたかの森,インプラント,審美歯科,小児歯科



勧めたい治療と避けたい治療

(1)出来る限り小さく削ること
小さく削ることで、その分物質的な理由(接着する表面積が少ない)で取れやすくなったり、壊れやすく(薄く削るため)なったりします。それでも、出来る限りエナメル質を残したいと思います。
(2)神経にはなるべく手を付けないこと
再生技術の中で、もっとも難しいのが神経です。従って、出来る限り残す方向で治療を進めていきます。
(3)歯がなくなる連鎖を止める
残念ながら歯を失うと、その分、残りの歯に失った分の負担が増えることになります。特に、失った両脇の歯には相当量の負担がかかります。それが、次の歯を失う原因にもなるのです。治療計画立案において、第一選択は、残った歯に負担を増やさないか、あるいは、増えたとしても一部に偏らないようにすることを考えます。
(4)物性のよいものを使用する
歯科で使われる材料は、日進月歩です。その中でも出来る限り信頼の高い製品を使用するように心がけております。保険適応材料だけでなく、保険外であっても積極的に皆様にご紹介していきたいと思います。出来る限りメタルフリーな材料を選択していきます。
(5)より安全なものを使用する
金属アレルギーなどを引き起こす可能性があるものの使用をなるべく控えたいと思っております。すでに10年前からアマルガムは使用しておりません。また、保険適応金属に含まれるパラジウムという金属についても、最近金属アレルギーをおこしやすいといわれ始めました。バイオメタルというアレルギーを引き起こしにくい金属のみで作られた合金も製品化されておりますので、アレルギーに敏感な方は特に、そうでない方もなるべくバイオメタルやオールセラミックスを選択していただければと思います。
(6)定期的な受診をお願いします
なるべく削らない、神経をとらない等の治療法を選択するためには、定期的な受診が欠かせません。もし定期的に受診できない場合には、むしろしっかりと削った方が良い場合もあるからです。当院では、あくまで定期的に受診できる方々を想定して治療に当たっております。3ヶ月から6ヶ月を目安に定期健診を受診されることを望みます。

歯科治療は不安のかたまり?

歯科治療は、いくら時代が進んでも不安がつきないものです。何をされるのか分からない、痛いなど受診者にとっての不安はつきません。当院では、受診者の不安を少しでも解消するためにトリートメントコーディネーターが常駐しております。治療内容だけでなく、何か気になることがありましたら、お気軽にトリートメントコーディネーターにご相談ください。

当院の受診にあたってのお願い

当院では、生涯ご自身の歯で快適に過ごしていただくことを目指しており、そのためには、個々人に必要な検査を行い、最適な治療計画をたてるようにしております。 初診時には、お口の機能を全体的に調べる検査を行います。但し、応急処置があればそちらを優先して行い、その後検査を行います。

2回目の来院時には歯科医師により、お口の現状のご説明・問題点のご説明・今回の治療計画のご提示を行い、トリートメントコーディネーターと実際に今回行う処置や順番・期間・費用などのご相談や、治療に用いる材料のご説明などもさせていただきます。