「接着」と「再生」 千葉県柏市の歯科医院,柏の葉キャンパス,流山おおたかの森,インプラント,審美歯科,小児歯科



「接着」と「再生」

接着

20世紀まで、歯科治療には接着という概念は出てきませんでした。あったのは、「合着」つまり「歯科用のノリ」で金属と歯をつけていたのです。従って、ノリがとれればはずれたり、隙間から再びむし歯になったりしました。

21世紀では、「レジン」という材料が飛躍的に発展し、貼り合わせる合着から、絡ませる接着へと進みました。そのため、以前に比べノリが取れることもなく、隙間からむし歯になることも少なくなったといえます。

再生

20世紀までは、歯を削ったり抜いたりすれば、元にもどすことは出来ませんでした。

21世紀では、それが可能となるでしょう。現在では、まだ人工材料ですが、最先端の研究では、歯を戻すことも、骨を戻すことも出来るようになっております。今後研究が進めば、一般の歯科医院でも多くの組織が再生できる時代がくることは間違いがありません。そのような時代が目にみえるからこそ、それまでは出来る限り削ったり、神経を取ったりせず、手間がかかろうともなるべく保存するようにするべきだと考えております。