これまでとこれから 千葉県柏市の歯科医院,柏の葉キャンパス,流山おおたかの森,インプラント,審美歯科,小児歯科



これまでとこれから

これまでの歯科治療

  • しみるぐらいなら、神経をとってしまう
  • どうせいつかは総義歯になるなら抜いてしまう
  • 抜けた歯の両脇を削ってブリッジにする
  • むし歯が進まないように早めに削って詰めてしまう

これからの歯科治療

  • なるべく神経を残す努力をする
  • 大きな義歯にならないように、こまめに義歯を調節する
  • ブリッジのために、安易に歯を削らない。まず、インプラントを考慮する
  • むし歯の進行を見極め、出来る限りエナメル質を傷つけない

むし歯も歯周病も治療法はもとより、予防法も確立された疾患です。当院でも定期的に受診される方が増え、むし歯が大きく進んだり、歯周病がみるみる進むケースはあまり見られなくなりました。むし歯や歯周病を治す時代から、むし歯や歯周病に罹らない時代になったといえます。仮に、むし歯や歯周病に罹ったとしても軽症の内に治療すれば、完治出来る時代なのです。