歯のバイオリサイクル 千葉県柏市の歯科医院,柏の葉キャンパス,流山おおたかの森,インプラント,審美歯科,小児歯科



歯周病やむし歯などで抜いた歯は、歯科医院で処分したり、自宅で保管したりするなど、廃棄物として扱われてきました。ところが、これらを骨の再生治療に利用できることが最近の研究により明らかになりました。

捨ててしまってはもったいない!自分の歯を再生医療に使いましょう!

抜いた歯を粉砕・加工して骨に移植すると骨の再生や増生ができるということが明らかになりました。

従来、抜歯や歯周病などで骨量が減ってしまった部位や、口顎裂などで顎の骨が部分的に欠損している部位には、人工骨や他部位から採取した自分の骨を移植していました。 もちろん現在もその方法で行う場合が多いのですが、自分の歯を用いて骨を回復する方法はそれらと比較すると以下のような利点があります。

  • 自分の歯から作られるため、拒絶反応や感染リスクがない。
  • 人工骨に比べて早い盛んな骨形成を行うことができる。
  • 歯は骨と同一の構成要素でインプラント手術や顎の骨の手術に最適。

他の移植材との比較は以下の通りです

移植材 内容 利点 欠点
オートトゥースボーン 移植目的の抜去歯を利用 良好な治療
高い骨形成能
感染に強い
大きな欠損部への移植には 適応できない。
自家骨 自分自身の骨を採取 良好な治療
高い骨形成能
他部位からの再骨が必要
他家骨(海外では認可) 死体骨銀行より調達 良好な治療 感染のリスクがある
異種骨(海外では認可) 動物(牛・豚)より採骨 適応範囲が広い 骨誘導能の欠如
伝染性疾患のリスクがある
合成骨 人工合成 安価
感染リスクが低い
骨誘導能の欠如

抜いた歯を粉砕・加工したものの利用例

  • 抜歯して骨を失った所に用いて、骨を回復する。
  • 歯周治療の際、骨が足りない所に用いて、骨を回復させる。
  • インプラント治療の際、骨が足りない所に用いて、骨を回復させる。
加工例
歯の形と粉砕 歯の形 粉砕
歯の形と粉砕 歯の形 粉砕
抜歯窩への治療例(骨の誘導)
抜歯窩 加工物 抜歯窩への加工物の埋入
抜歯窩 加工物 抜歯窩への加工物の埋入

写真提供 :(株)BTS Japan,三次正春先生

抜いた歯が骨の再生治療に利用される流れ

抜いた歯が骨の再生治療に利用される流れ

歯の残存量、抜歯時期など制限もありますので詳しくは歯科医師までお尋ねください。

写真提供 :(株)BTS Japan,三次正春先生

予防・矯正歯科センター
歯のバイオサイクル

診療カレンダー

診療インフォメーション

受付時間
9:30~12:30/14:30~18:00

休診日
日曜、祝日、木曜

医院提携のご案内

医療費控除について